NEWS Archive | IDÉE TOKYO

STIR POP UP(東京)2022.05.06

STIR POP UP
期間:2022年5月26日(木)~6月16日(木)
場所:IDÉE TOKYO

IDÉE TOKYOでは、ドレスTシャツブランド"STIR"のPOP UPを開催します。
生地選びからサイジング、シルエット、着心地を追求し、一枚で着るアウターシャツをテーマにした新たなTシャツ観を提案しているSTIR。
本フェアでは、イデー限定アイテム"TRAVELLER DRESS T RELAX"が登場。ゆったりとしたシルエットに、優れた形状安定性とソフトな肌触り。そしてアイロン要らずなところも、デイリーユースはもちろん旅先や出張中にノンストレスで着ていただける仕上がりとなっています。

sub_tyo_STIR_202205.jpg「TRAVELLER DRESS T RELAX」
カラー: White, Black
サイズ: 4サイズ(各カラー)
¥11,990(税込)

そのほか、人気のリラックスタイプのTシャツや、ワンピースなどもご用意しています。この夏の定番着を見つけに是非お越しください。

※お客様および従業員の安全と健康を配慮し、感染拡大予防対策をとっております。
※改札外からのご利用の場合は、JR東日本東京駅を区間に含んだ乗車券類または入場券をお買い求めのうえ、ご入場ください。

竹内真吾 個展 「炻器」(東京)2022.04.28

竹内真吾 個展 「炻器」
期間:2022年5月20日(金)~6月21日(火)
場所:IDÉE TOKYO
作家在廊日:5月20日(金)、5月21日(土)、5月22日(日)

IDÉE TOKYOに併設するIDÉE GALLERYでは、瀬戸で活動をしている竹内真吾氏の個展「炻器」を開催します。手捻りで丁寧に折り重ね、焼き締められた作品の佇まいは静かな陰影も美しく、オブジェの印象が強いながらも、花器や器としての作用もきちんと果たせるように工夫を施し、私たちのもとへ届けてくれます。暮らしに溶け込みながら、作品を感じられる竹内氏の作品をぜひご覧ください。

よく展覧会の会場で私の作品をご覧になっている方から「どんなイメージで作っているのですか」とか、「モチーフは何ですか」とかよく聴かれますが、「具体的なイメージとかモチーフはありません」といつも答えています。実際制作する上で何も持っていません。私の作品制作は、初めは身の回りにある簡単な面白い形が元にはなっていますが、制作するたびにどんどん展開・変化していき、元の形は殆どありません。最近制作している作品も、工房にある土練機つまり土を練る機械から出てきた土を半分に折った形が元になっています。それをパイプ状に繋ぐように色々な形にしてみる所から始まりました。そのパイプにエッジつまり角をつけたり、編み込むように重ねたりしてこの作品ができました。制作方法は土の塊で小さなモデルを作り、それを見ながら紐作りで制作しています。  ーーー竹内真吾
  • takeuchi01
  • takeuchi02

■竹内真吾 プロフィール
1955 愛知県瀬戸市に生まれる
1982 日本伝統工芸展('85 '86 '87 '88 '94)
1985 長三賞陶芸展長三賞
1986 国際陶磁器展美濃('05'11'14 '17)
1995 日本の陶芸7人展 GALLERY DAI ICHI (ニューヨーク)
2002 アジア太平洋地区国際現代陶芸招待展(台湾)
2005 韓国世界陶磁ビエンナーレ国際公募展特別賞
2006 現代陶芸その未来展 松坂屋名古屋店
2008 重松あゆみ・竹内真吾展 瀬戸市新世紀工芸館
2011 作家たちの古今 20年の歩み 古川美術館 (名古屋)
2012 韓国南原市アジア陶芸シンポジウムに招聘
2016 幽玄日本現代陶芸展(ミラノ)
New South Wales大学AD SPACEにて個展・スライドレクチャー・ワークショップ(シドニー)
The Northern Beaches College(TAFE)にてスライドレクチャー・ワークショップ(シドニー)
現代茶陶展 TOKI織部奨励賞(土岐市)
2018 介末craftにて個展(上海)
2019 楽天陶社Mufey Galleryにて個展
楽天陶社にてワークショップ(景徳鎮 中国)
滋賀県立陶芸の森(信楽)にてゲストアーティストとして作品制作

〇パブリックコレクション
瀬戸市美術館 
鶯歌陶瓷博物館(台湾)
利川世界陶磁センター(韓国)
滋賀県立陶芸の森
モザイクタイルミュージアム(岐阜)


※お客様および従業員の安全と健康を配慮し、感染拡大予防対策をとっております。
※改札外からのご利用の場合は、JR東日本東京駅を区間に含んだ乗車券類または入場券をお買い求めのうえ、ご入場ください。

BOHONOMAD POP UP(東京)2022.04.28

BOHONOMAD POP UP
期間:2022年5月11日(水)~5月24日(火)
場所:IDÉE TOKYO

IDÉE TOKYOでは、トルコで生まれたロープサンダルブランド「BOHONOMAD(ボホノマド)」のPOP UPを開催いたします。リサイクル可能なポリプロピレン素材のロープと、天然ラバーのソールでつくられた環境に優しいビーガンサンダルは、軽量で水に強く丈夫であり、機能面も優れています。またユニセックス仕様なこと、スタイリッシュなデザインも魅力的です。
期間中は、通常お取り扱いしているシリーズ以外のラインナップに加え、豊富なカラーバリエーションも揃え紹介いたします。タウンユースはもちろん、これからのアウトドアシーンでも活躍する1足を見つけに、是非お越しください。

sub_tyo_BOHONOMAD_202205.jpgBODRUM ¥9,900(税込)


BOHONOMAD(ボホノマド)
リサイクル可能なポリプロプレン素材を採用した、環境に優しい「ビーガンロープサンダル」を2015年より展開する、トルコ発のフットウェアブランド。トルコのエーゲ海地域に位置する工房にて、1点1点ハンドメイドで製作されています。


※お客様および従業員の安全と健康を配慮し、感染拡大予防対策をとっております。
※改札外からのご利用の場合は、JR東日本東京駅を区間に含んだ乗車券類または入場券をお買い求めのうえ、ご入場ください。

chisaki summer hat fair(東京、六本木)2022.04.06

chisaki summer hat fair ~心が躍る自由な帽子~
期間/場所
2022年4月27日(水)~ 5月9日(月) IDÉE TOKYO
2022年5月20日(金)~ 6月20日(月) イデーショップ 六本木店
※会期が異なりますのでご注意ください。

IDÉE TOKYOとイデーショップ 六本木店にて、帽子デザイナー・苣木紀子によるブランド、chisakiのサマーハットフェアを開催します。
品がありながらも遊び心がたくさん詰まったchisakiの帽子は自由度が高く、その日の気分に合わせて被り方を変化させ楽しむことができます。デザインだけでなく、肌触りや被り心地にもこだわって制作されており、永く愛用できる帽子たちが揃います。日差しが気になり始める季節、お出かけが楽しくなるような自分にぴったりの帽子を見つけにぜひお越しください。

sub01_tyo_chisaki_202204.jpg
sub02_tyo_chisaki_202204.jpg


chisaki
"Peace begins with a smile."
作る人、売る人、買う人、未来にとって心地よいものづくりをし、人とものが繋がる時、会話や笑顔が生まれるようなものを。
永く愛着を持ってその人に寄り添えるような帽子、その人の暮らしの中のベーシックになれるような帽子作りを目指しています。

デザイナー:苣木紀子
偶然教わった1つのベレー帽作りから、繊細なその世界に惹かれ独学で帽子作りを始める。
企業にて帽子デザイナーとして12年間従事した後、独立。日本の職人の技術、志の高さ、心遣いなどに共感し、日本製に重きを置き、2016SSコレクションより、chisakiの名でブランドをスタート。パリ、ニューヨーク、東京、福岡でコレクションを発表しながら各地でワークショップなども展開。

オンラインショップお取り扱い商品はこちら

chisaki


※お客様および従業員の安全と健康を配慮し、感染拡大予防対策をとっております。

柚木沙弥郎 浴衣 "KUTSUROGI"(東京)2022.04.04

柚木沙弥郎 浴衣 "KUTSUROGI"
期間:2022年4月22日(金)~
場所:IDÉE TOKYO

もうすぐ100歳を迎え現在も現役アーティストとして活動を続ける、日本を代表する染色家・柚木沙弥郎氏が、IDÉE TOKYOのためにデザインした浴衣。今年は昨年に引き続きレディースサイズと、新たにメンズサイズをご用意しました。
暮らしの中でよりくつろげる時間を過ごしてほしいと、柚木氏により"KUTSUROGI"と名付けられました。職人が手作業で「注染」という染色技法で染め、同じ柄でも一枚ずつ微妙に異なる風合いをお愉しみいただけます。
※IDÉE TOKYO、IDÉE SHOP Onlineのみの販売です。
※メンズサイズは「ブロック グレー」のみの展開です(モデル着用タイプ)。

yukata_mens.jpg
  • sub01
  • sub02

オンラインショップお取り扱い商品はこちら

柚木沙弥郎 浴衣 "KUTSUROGI"


※お客様および従業員の安全と健康を配慮し、感染拡大予防対策をとっております。

原陽子 個展 "Future days"(東京)2022.03.30

原陽子 個展 "Future days"
期間:2022年4月14日(木)~5月17日(火)
場所:IDÉE TOKYO
作家在店日:2022年4月14日(木)、4月16日(土)

IDÉE TOKYOに併設するIDÉE GALLERYでは、原陽子個展 "Future days"を開催します。
時間に追われ日々忙しなく過ごしていく中で、頭の隅にふと残る記憶。
その断面をつなぎ合わせて描いた作品は、原さんの言葉を添えて更にふくらんでいく。
物語を読み聞かせるような、やさしく心地よい作品をぜひお愉しみください。

あやふやではかない断片からできている日常だけど、ともかくこうして自分はまだ絵を描き続けている。
不条理なこともあるけれど、それでも明日はやってくるし、新しい景色に変わってゆく。
日々の生活の中で、自身の意思とは関係なく妙に頭から離れない形や現象、言葉の持つ意味、
それらが纏っている空気感を描きたいと思っている。
sub_tyo_yokohara202204.jpg sub02_tyo_yokohara202204.jpg sub03_tyo_yokohara202204.jpg

■プロフィール
原 陽子
1969   埼玉県生まれ
1996   武蔵野美術大学大学院 修了
     アートスタジオ五日市 (東京都あきる野市)アーティストインレジデンス招聘
     第64回日本版画協会 版画展(山口 源 新人賞受賞)
2002-03  文化庁 国内研修員
2006-07  文化庁新進芸術家 海外留学研修制度 研修員としてアイルランド、ダブリンに滞在
1996年より個展を中心に絵画、版画作品を国内外で発表


※お客様および従業員の安全と健康を配慮し、感染拡大予防対策をとっております。
※改札外からのご利用の場合は、JR東日本東京駅を区間に含んだ乗車券類または入場券をお買い求めのうえ、ご入場ください。
※営業時間を変更することがあります。詳しくは店舗にお問い合わせください。

5W POP UP(東京)2022.03.22

5W POP UP
期間:2022年4月8日(金)~4月25日(月)
場所:IDÉE TOKYO

IDÉE TOKYOでは、秋田を拠点に活動しているデザイナーの小野諭氏が手がけるファッションブランド"5W(ファイブダブル)"のPOP UPを開催します。
今年の春夏コレクションを中心に、さらっとした抜群の着心地が魅力的な「Gaungi」、イデー別注カラーの「SamuePants」も登場します。
日常に寄り添いながらも、上質で洗練されたデザインをお楽しみいただける5Wのアイテム。お気に入りの一着を探しにぜひお越しください。


sub01_tyo_5w_202204.jpgsub02_tyo_5w_202204.jpg

5W(ファイブダブル)
秋田を拠点に活動しているデザイナーの小野諭氏が手がけるファッションブランド。
Relax / Modern / Japanをコンセプトに、纏う人それぞれの"Who / When / With / Wonder / Work"に語りかけるアイテムを展開しています。

オンラインショップお取り扱い商品はこちら

5W


※お客様および従業員の安全と健康を配慮し、感染拡大予防対策をとっております。
※改札外からのご利用の場合は、JR東日本東京駅を区間に含んだ乗車券類または入場券(140円)をお買い求めのうえ、ご入場ください。
※営業時間を変更することがあります。詳しくは店舗にお問い合わせください。

SIRI SIRI Fair(東京)2022.03.18

SIRI SIRI Fair
期間:2022年4月1日(金)~4月25日(月)
場所:IDÉE TOKYO

IDÉE TOKYOでは、ジュエリーブランド"SIRI SIRI"のフェアを開催します。
日本の工芸技術や伝統的な美意識をベースに、デザイナーの岡本菜穂さんが2006年に設立。
ブランド名は「鎖」を意味するスワヒリ語「silisili」に由来しています。
今回のフェアでは新作のHOTOLIシリーズを中心に、ガラスや籐など個性ある素材を活かした、これまでのコレクションを合わせてご紹介します。

HOTOLI collection
デザイナーが暮らすスイスに流れるアーレ川にインスピレーションを得て生まれました。夏の光を受けて透明に輝く宝石のような川。その畔でゆっくりと流れる人々の生活。美しい自然の情景と、季節とともに移り変わるその表情を閉じ込めたようなガラスのジュエリーたち。身に着けることで、水の色や輝きをいつまでも永遠にみていられる、そんな願いを込めたアイテムをお届けします。

オンラインショップお取り扱い商品はこちら

SIRI SIRI

※お客様および従業員の安全と健康を配慮し、感染拡大予防対策をとっております。
※改札外からのご利用の場合は、JR東日本東京駅を区間に含んだ乗車券類または入場券(140円)をお買い求めのうえ、ご入場ください。
※営業時間を変更することがあります。詳しくは店舗にお問い合わせください。

sonor POP UP(東京)2022.03.04

sonor POP UP
期間:2022年3月11日(金)~4月4日(月)
場所:IDÉE TOKYO

IDÉE TOKYOでは、レザーブランドsonor(ソナー)のPOP UPを開催します。
厳しい環境基準をクリアした国産のピッグスキンを使用し、植物タンニンでなめした、環境にも使い手にもやさしいバッグや小物。革のキズや色ムラも天然素材ならではの証と考え、その部分も無駄にすることなく裁断から縫製までを手仕事で制作しています。
縫製後に洗い加工を施し独特な風合いを表現したARAIシリーズや、職人による独自の染め技術でこだわりの色に仕上げたSOMEシリーズなど、一点一点表情が異なり経年変化を楽しめる「使いながら育てる」バッグをご紹介します。

sub_tyo_sonor_202203.jpg今回のPOP UPでは、IDÉE TOKYO別注の新作バッグ「ARAI_CUBE(キューブ)/ 黒」をご用意します。正面からの見た目はすっきりと仕上げ、マチもたっぷり。長財布やお弁当箱、厚みのあるポーチを入れても出し入れがしやすいサイズで作りました。A4サイズの資料やノートパソコン・タブレットを入れることもできます。

また、人気のサコッシュ・パスケースは、黒・ブラウン・ライトブラウン・グレージュの他に、新色のアイボリー・ミモザ(黄色)を取り揃えました。ぜひ、ご覧ください。

オンラインショップお取り扱い商品はこちら

sonor

※お客様および従業員の安全と健康を配慮し、感染拡大予防対策をとっております。
※改札外からのご利用の場合は、JR東日本東京駅を区間に含んだ乗車券類または入場券(140円)をお買い求めのうえ、ご入場ください。
※営業時間を変更することがあります。詳しくは店舗にお問い合わせください。

KAZUMI TAKIGAWA exhibition(東京)2022.02.09

KAZUMI TAKIGAWA exhibition
期間:2022年2月16日(水)~3月7日(月)
場所:IDÉE TOKYO
作家在店日:2022年2月16日(水)、19日(土)12:00~17:00

IDÉE TOKYOでは、瀧川かずみさんの展示会を開催します。
クラフト紙で出来た簡素な紙袋の質感と風合いを、末永く愛用できる素材で再現しようと
生まれた瀧川かずみさんのバッグ。キャンバス生地がベースとなり、染料にはコーヒーや紅茶などを使用しています。染色後に幾重にも「ロウ」を塗り重ね、コーティングを施すことで、耐久性を高めています。使い込むごとに風合いが増し、革のようにやわらかくなじみます。
今回のPOP UPでは新作のBUCKETバッグや、人気のfunagataバッグが並びます。丈夫でシンプルなバッグは幅広いシーンで活躍し、愛着が持てる一品です。この機会にぜひご覧ください。

■プロフィール
瀧川かずみ
1986年生まれ。多摩美術大学にて彫刻を学ぶ。
彫刻制作の過程で蝋引き鞄が生まれる。2012年より鞄の制作を開始。
現在は国内外で展示会を中心に活動を行う。

オンラインショップお取り扱い商品はこちら

kazumi Takigawa

※お客様および従業員の安全と健康を配慮し、感染拡大予防対策をとっております。
※改札外からのご利用の場合は、JR東日本東京駅を区間に含んだ乗車券類または入場券(140円)をお買い求めのうえ、ご入場ください。
※営業時間を変更することがあります。詳しくは店舗にお問い合わせください。

CLOSE