NEWS Archive | May. 2024

un. jewelry pop up "new collection"2024.05.31

un. jewelry pop up "new collection"

○期間:2024年6月28日(金)~7月22日(月)
○作家在店日:6月29日(土)、7月6日(土)、13日(土)、20日(土) 各日とも13~17 時
○開催店舗:イデーショップ 自由が丘店

イデーショップ 自由が丘店では、「un.(アン)」のpop up "new collection"を行います。
デザインが際立つ地金のシリーズと、デザイナーが拘り選んだ天然石シリーズが夏にぴったりのジュエリーブランドです。3度目となる今回は、多くの新作をご用意してお待ちしております。
昨年好評のcolorer_(クロレ)の組紐ブレスレットが、今年はカラーとチャームをお選びいただけるセミオーダーとして登場。pop upで初披露となるピアスやリングなど、夏のお出かけに身に着けたくなるジュエリーを豊富なラインナップで取り揃えております。しなやかな曲線とシャープなラインに華やかさを宿し、色とりどりの天然石を用いた「un.」は、その人の個性を引き出すジュエリーを選ぶ楽しさがあります。ぜひこの機会にご来店ください。



un.
メイクするように、ジュエリーを纏う。un.(アン)のジュエリーは、個々の顔立ちや特徴にあわせて選んでいただけるようにデザインされています。身につける人が持つ「本来の美しさ」を引き出し、パーツの組み合わせや重ねづけで、自分らしくジュエリーを楽しんでほしい。そんな想いから2020年にスタートしたun.は、フランス語で数字の「1」を意味するブランドネームのとおり、「1度しかない人生の1日に、輝きをプラスする」をコンセプトに作られたジュエリーブランドです。日々の暮らしに小さな彩りを灯す存在であることを願って、デザイナーがひとつひとつ手で仕上げています。


特集ページでは作家インタビューをお読みいただけます。
インタビューを読む

奥田康夫 ガラスの器展(日本橋)2024.05.08

奥田康夫 ガラスの器展
会期:2024年6月7日(金)~7月1日(月)
開催店舗:イデーショップ 日本橋店イデーショップ オンライン
作家在店日:期間中の毎週金曜日・土曜日・日曜日 いずれも午後

イデーショップ 日本橋店ではガラス作家 奥田康夫さんの作品展を開催します。
自然の造形やそこから浮かぶイメージを元に、陶芸出身ならではの独自技法で作られる、涼やかで鮮やかなガラス作品たち。7回目の開催となる本展示では、お客様のお声から少し大きいサイズの鉢もご用意しました。
海や空をモチーフにした新作の他、イデー限定販売となる壁掛けの作品も新たなデザインで登場します。
期間中、イデーショップ オンラインにも種類豊富に入荷いたしますので、ぜひ併せてご覧ください。

sub01_nih_okuda202406.jpg
奥田康夫

奥田康夫 Yasuo Okuda
東京藝術大学で陶芸、同大学院でガラス造形を学ぶ。同大学での教育研究助手としての勤務を経て、千葉に築窯し、工房を構える。現在は陶芸とガラス造形の両方の技術を用いて作家活動をする傍ら、大学の非常勤講師として学生の指導にもあたっている。


イデーショップ オンライン取り扱い作品はこちら。 奥田康夫 作品ラインナップ

※作家在店日時は状況に応じて変更になる場合もございます。予めご了承ください。

IDÉE SHOP Shinjuku NEW OPEN2024.05.01

IDÉE SHOP Shinjuku NEW OPEN
「暮らす」という愉しみ

ルミネ新宿店 (ルミネ1 6階)に、イデーショップ 新宿店が新たにオープンしました。

「美意識のある暮らし」をコンセプトに、イデーの世界観に触れる入り口として、暮らしのスタンダードをご紹介。売場面積をこれまでの約3倍に拡大し、現代の多様なライフスタイルに合わせた、さらに幅広いご提案ができる空間へと生まれ変わりました。

自分の暮らしにとって良いものを、自分の感性を大切に自ら選ぶ大人を刺激する商品を多数セレクト。オリジナル家具やプロダクトを中心に、北欧などのヴィンテージ家具、世界各国から選りすぐったラグやブランケット、身に着けるのが嬉しくなるアパレルウェアやジュエリー、毎日を心地よく過ごすためのフレグランスやスキンケアアイテムのほか、1点もののアートオブジェまで、日々の暮らしを彩る品々を取り揃えます。

※これに伴いアタッシェ ドゥ イデーは、3月13日(水)をもちまして閉店しました。10年間のご愛顧に感謝いたします。


■TOPIC #1
イデー オリジナルフレグランス "ensemble" 先行発売

イデーがコンセプトに掲げる「美意識のある暮らし」を香りで表現したイデー初のオリジナルフレグランスディフューザー"ensemble"シリーズを先行発売します。それぞれ個性のあるものを自分の美意識をもって選ぶ。その個性が絶妙なバランスで共鳴し合うアンサンブルを表現した、3種の香りをご用意しました。他にはない、幾重にも折り重なる香りのアコードをお楽しみください。


■TOPIC #2
çanoma POP UP
2024年4月26日(金)~ 5月13日(月)

日本の感性とフランスのテクニックで生まれたフレグランスブランド çanoma(サノマ)のPOP UP SHOPを開催します。日常を表す「茶の間」と上質の象徴である「茶道」という2つの言葉を選び、共通している「茶」の字の発音を入れ替えて、sanomaという言葉を着想しています。そこにフランスが培った香水文化のエッセンスを表現する為、saの代わりに"ça"と綴っています。

日本人としての感覚を持つクリエイター渡辺裕太が香りのディレクションを取り、テクニカルな部分は、フランス人調香師 Jean-Michel Duriez(ジャン=ミッシェル・デュリエ)の知識と経験を用い、誕生した香りをお楽しみください。


■TOPIC #3
Shiomi Wada Exhibition
2024年4月26日(金)~ 5月13日(月)

イラストレーターShiomi Wadaさんの個展を開催します。日常に溢れるあらゆる事柄をユニークに描き、楽しみ尽きることのないポップな色使いが流れていく他愛もない時間の中で体験した、緩やかな幸せの瞬間を蘇らせます。春から初夏にかけての心地よい陽気のように、心躍る作品を是非ご覧ください。

プロフィール
Shiomi Wada
東京生まれ。2017年に渋谷ダイトカイで絵を展示したのをきっかけに、現在、イラストレーター、ペインターとして活動中。
日常に溢れる、なんだか笑える小さなこと、どうでもいいような、だけど印象に残る美しい瞬間を大切にして絵にしている。
これまでに、伊勢丹新宿、渋谷PARCO、OKYAKU高知、韓国のギャラリーSHABIでの展示をはじめ、FUJI ROCK FESTIVAL '22のオフィシャルTシャツのデザインや、BEAMS、JW Andersonといったアパレルブランドとのコラボ、ミュージシャンのグッズ制作など各業界で注目を集めている。
Instagram:shiomiwada

CLOSE