Spring Textile Collection2024.02.27

Spring Textile Collection
期間:2024年3月8日(金)~4月1日(月)
開催店舗:イデーショップ各店(イデー東京除く)イデーショップ オンライン

季節や気分によってテキスタイルを選ぶことはインテリアの愉しみ方のひとつ。大きな家具は一度購入すると、なかなか簡単に変えることが難しいですが、テキスタイルは気軽に模様替えできるインテリア要素です。鮮やかなカラーや個性あふれるデザイン、わくわくするような一点ものとの出会い。春の訪れとともに、暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介します。

Ralli Quilt
古くなったサリーやデュバタなどをパッチワークして作られるテキスタイル。インド・パキスタン・バングラデシュなどの中央アジアで長い間受け継がれてきた伝統工芸品です。ソファやベッドに掛ける、敷物にする、目隠しに使う、タペストリーとして壁に飾る。使い方を考えることも楽しくなるようなアイテムです。本フェアでは新たにクッションが登場。

ラリーキルト 特集ページ

Seasonal Cushion
暮らしに春を呼び込むような、明るい雰囲気をもたらすクッションカバー。草花を刺繍で表現したものや、新緑の木漏れ日を感じさせる幾何学模様など、新しい季節を楽しむためのデザインがそろいます。お洋服の衣替えをするような感覚で、クッションも気軽に模様替えを。

Handmade Rug by Linie Design
デンマークからやってきたラグブランド『リニエ デザイン』。すべて手織りで丁寧につくられています。フリンジがついたり、アシンメトリーなデザインのものも。軽やかな薄さで、これからの季節にぴったりです。シチュエーションに合わせて選べる3サイズ展開です。

LINIE DESIGN 特集ページ

Blanket
春のはじまりのブランケットは、あたたかい素材から軽やかな素材にへバトンタッチ。ソファでくつろぐ時間はもちろん、ダイニングやデスクでお仕事をするときや、ベッドにも。そして使わないときは椅子のアームや背もたれに掛けておけば、インテリアの一部に。そんなブランケットと春支度をはじめてみませんか。

Upcycled Rug by GUR
残布を使ったアップサイクルのアイデアと、ポルトガルの伝統的な織りの技術、そして世代も国籍も超えたクリエイター達による自由な発想が出会って生まれました。ラグとしてはもちろん、壁にタペストリーとして飾るのもおすすめな個性豊かなアイテムです。

RUG by GUR 特集ページ

Kilim
遊牧民たちの生活用品としてのみならず、暮らしに彩りを加える装飾品でもあるキリム。織り手の女性たちが暮らしを豊かにしたいという想いを込め、ひとつひとつ時間をかけて丁寧に仕上げています。自由で生き生きした感性を取り入れてみてはいかがでしょうか。

キリム 特集ページ

CLOSE