Life in Art "TOKYO MODERNISM 2024"2024.02.08

ミッドセンチュリー期(1940〜1960 年代)のヨーロッパ・北欧・アメリカ・日本などを中心に世界各国の優れたデザイナーによって生み出された造形美や機能美を、それらが生まれた背景と合わせてご紹介するLife in Art"TOKYO MODERNISM 2024"が開幕します。

3回目となる今年は「MODERNISM SHOW」「MODERNISM AUCTION」「Mid-Century MUJI」の3部構成。
東京でモダニズムデザインを見て、学び、触れて愉しむスペシャルな2ヶ月間。どうぞご期待ください。


show

MODERNISM SHOW
会場|MUJI HOTEL GINZA
会期|2024.4.18 thu~4.21 sun

国内外の約30のギャラリーやヴィンテージショップがMUJI HOTEL GINZA の客室を期間限定の店舗にして特別に展示・販売をする「TOKYO MODERNISM」のメイン企画。 アメリカ、ブラジル、北欧、ヨーロッパ、そして日本と、世界中のヴィンテージのモダンデザインが一堂に集結して、もちろんご購入いただけます。 個性豊かなオーナーたちと、彼らの審美眼で集まった優れたデザイン。思いがけない出会いや新たな発見もあるかもしれません。

参加ギャラリー・ショップ
PPP(青森)/★FEM TRE NOLL(岩手)/(GARAGE) ガラージュ(群馬)/BELLBET(埼玉)/北欧家具tanuki(埼玉)/BUILDING(東京)/CONTOUR(東京)/DEALERSHIP(東京)/★Ditty Tools.(東京)/ELEPHANT(東京)/Graphio/büro-stil(東京)/MICHIO OKAMOTO WAREHOUSE(東京)/★GALLERY NEO(東京)/Playmountain(東京)/Pocket Park(東京)/stoop(東京)/Swimsuit Department(東京)/★ IDÉE(東京)/LULLABY(神奈川)/SNORK MODERN AND CONTEMPORARY(山梨)/NOW(石川)/Ph.D.(長野)/NO AGE(愛知)/STILL LIFE(愛知)/dieci(大阪)/northwood(京都)/Stool(福岡)/TRAM(福岡)/★ FOUND OBJECT(ソウル)/and more...  ★初出展


Ticket (tax in)
4.18 thu ~ 4日通し券 8,000yen
4.19 fri ~ 3日通し券 6,000yen
4.20 sat ~ 2日通し券 4,000yen
4.21 sun ~ 1日券 3,000yen

※チケットはpeatixよりご購入ください。
※日時指定予約、時間入れ替え制となります。
※小学生以下のお子様は保護者同伴につき無料です。

Opening hours
4.18 thu 17:00 - 21:00
4.19 fri 11:00 - 20:00
4.20 sat 11:00 - 20:00
4.21 sun 11:00 - 17:00

企画協力:中原 慎一郎(ランドスケープ・プロダクツ ファウンダー)、郷古 隆洋(Swimsuit Department 代表)


auction

MODERNISM AUCTION
会場|IDÉE TOKYO
会期|#1 2024.3.22 fri ~ 4.9 tue
    #2 2024.4.12 fri ~ 4.23 tue

TOKYO MODERNISM 2024に参加するショップやギャラリーオーナー、そして無印良品やイデーと縁のあるクリエイターやアーティストが愛着を持って使ってきたアイテムを次に繋げるオークション。 Life in Artプロジェクトでは3回目となるオークションの今回のテーマは"Chairs"&"Object"。モダンデザインアイテムに焦点をあて、約40名がそれぞれ愛着を持って使ってきたヴィンテージチェアとオブジェを出品。期間中、2回に分けてオークションを開催します。 出品アイテムはIDÉE TOKYO併設のギャラリーに揃い、実際にご覧いただけます。競りは行わず、入札された方の中で最高額をつけた方が落札者となり、落札された方のみにご連絡のサイレントオークション形式となります。

参加予定出品者
田丸祥一(dieci 店主)/南雲浩二郎(クリエイティブ ディレクター)/山田遊(バイヤー)/武末充敏(organ 店主)/築地雅人(株式会社ビオトープ代表、「doinel」オーナー)/岡尾美代子(スタイリスト& LONG TRACK FOODS)/中原慎一郎(ランドスケープ・プロダクツ ファウンダー)/小山泰之(SNORK MODERN AND CONTEMPORARY バイヤー)/窪川勝哉(インテリアスタイリスト)/松澤剛(株式会社E&Y 代表取締役/デザインエディター)/筒井啓仁(AXCIS.INC 代表)/森一磨(LULLABY 代表・バイヤー)/小林恭・小林マナ(インテリアデザイナー)/冷水希三子(料理家)/吉田安成(ELEPHANT 店主)/郷古隆洋(Swimsuit Department 代表)/荒井健次(Ph.D.)/谷俊介(on the shore 店主)/丸山達也(眼鏡屋ガラージュ 店主)/山口太郎(北欧家具talo)/梨野雅揮(NOW)/塚本太朗(リドルデザインバンク)/楳澤茂(NICK WHITE Director / Buyer )/森昭子(セラミックアーティスト)/竹内優介(インテリアスタイリスト)/川合将人(インテリアスタイリスト)/岩﨑牧子(インテリア&フードスタイリスト)/佐藤達郎(DELFONICS 代表/ディレクター)/山城真之(information 店主)/服部滋樹(graf 代表)/村上雄一(CONTOUR 店主) /遠藤慎也(株式会社BOOTSYORK 代表/ インテリアスタイリスト)/須田哲正(ケーススタディショップ代表)/井川雄太(Sea & Sign 代表・バイヤー)/吉川修一(株式会社スタンプス 代表取締役・ディレクター)and more...

Mid-Century MUJI

"Mid-Century MUJI" Exhibition
会場 | ATELIER MUJI GINZA
会期 | 2024.3.29 fri ~ 5.12 sun

ATELIER MUJIでは、TOKYO MODERNISM 2024の連動企画として20世紀半ばの1940〜1960年代に生まれたデザイン様式「Mid-Century Modern」をテーマに展覧会を開催致します。 無印良品は40年以上に渡りさまざまな商品を作り販売をしてきました。それは時代のアンチテーゼから生まれたものや、くらしを豊かにしていくためのものだったりと過程はさまざまですが、その思想は過度な装飾は省き、時代やくらしに合わせたシンプルを探し続けて作り上げてきたものです。 しかし、無印良品が広く浸透し、当たり前のように置かれるようになった現在では、また新たな導べを探し、自らの方向性や精神を問い、改めて私たちのものづくりを見つめ直す機会が必要なのかもしれません。

本展では、無印良品の商品を素地のパーツとして使い、ミッドセンチュリーモダンの空間に設えるプロダクトを提案します。それは、これまで自分たちの思想だけでは見つけられなかった世界観を表現するものになるはずです。
私たちの進んでいく未来を模索し、無印良品の家具、プロダクトに新しい可能性を解放する展覧会です。くらしを自由に心地よく楽しむ、そのための私たちである事を再認識すると共に、この企画が未だ見えぬ埋もれたクリエイティブの発見や思考へ引き込んでいくきっかけになれば幸いです。

企画協力・家具製作:須田哲正(ケーススタディショップ)
グラフィックデザイン:東川裕子



Life in Art 公式サイト
Life in Art 公式instagram

CLOSE