Megumi Tsukazaki Exhibition「ヒカリノシズク」 feat. Kimiko Hiyamizu(東京)2021.11.19

Megumi Tsukazaki Exhibition 「ヒカリノシズク」 feat. Kimiko Hiyamizu
期間:2021年12月10日(金)~ 2022年1月10日(月)
場所:IDÉE TOKYO
※塚崎愛さん・冷水希三子さん在廊日:2021年12月10日(金)

IDÉE TOKYOに併設するIDÉE GALLERYでは、12月10日(金)より陶芸家 塚崎愛さんの展示会「ヒカリノシズク」を開催します。「水」をテーマに、素朴な土と硝子釉で制作する作品は、温もりの中に穏やかな静けさを感じます。今展示ではテーブルウェア、ジュエリーなどに加え、塚崎さん、そしてイデーとも縁のある料理家 冷水希三子さんとのコラボレーションアイテムを限定で販売します。塚崎さんと冷水さんとのやりとりの中で生まれたコンポートとプレートは、料理と空間を心地よく調和してくれます。この機会に、ぜひご覧ください。

今回の展示会のお話をいただいたのが2020年3月。
丁度、世の中が少しゆらぎ始めた頃でした。そこから様々な変化の波が起こりました。
先が見えない不安の中でも、未来の話をしてくださるお店の方々にたくさんの希望を
いただき、そこで作品を受け取ってくださるお客様がいるということへの感謝。
つくり続けられることの幸せを胸に生活する日々でした。
「つくることで誰かの生活のヒカリになれるのであれば」 
日々重ねてきた小さな想いが、2021年の終わりに皆様の元へ一滴のシズクとなり、届いてくれることを願います。2022年があたたかな光に包み込まれる年となります様に。
―塚崎愛

水たまりのように空を映し
風に揺れ
静寂なようで
引き込まれる素肌
そんな、白い質感にどんなお料理を盛るか
想像するだけで楽しい器
―冷水希三子

sub01_tyo_tsukazaki_202112.jpg
sub02_tyo_tsukazaki_202112.jpg

塚崎愛 Megumi Tsukazaki
2014年 横浜いずみ陶芸学院卒業後、ギャラリーにて個展・グループ展で発表。
2015年「megumi tsukazaki」設立。現在、横浜にて作陶。「水のような 空気のような 静かな陶」をコンセプトに陶磁器作家 塚崎愛がデザイン・制作しております。
瑞々しい硝子釉と素朴な白い土を用い、代表作のジュエリーベースを始め、花器・小箱・器など、陶小物を制作しております。空気をなだめる静かな陶をご覧下さい。

冷水希三子 Kimiko Hiyamizu
雑誌や広告などで料理のレシピやスタイリング。著書も数冊。ホテルなどの朝食のディレクションも行う。

※お客様および従業員の安全と健康を配慮し、感染拡大予防対策をとっております。
※改札外からのご利用の場合は、JR東日本東京駅を区間に含んだ乗車券類または入場券(140円)をお買い求めのうえ、ご入場ください。
※営業時間を変更することがあります。詳しくは店舗にお問い合わせください。

CLOSE