赤木と松林と。(東京)2021.02.12

赤木と松林と。
期間:2021年3月5日(金)~3月30日(火)
場所:IDÉE TOKYO | 入場無料
※改札外からのご利用の場合は、JR東日本東京駅を区間に含んだ乗車券類または入場券(140円)をお買い求めのうえ、ご入場ください。
※緊急事態宣言の状況により、営業時間を変更することがあります。詳しくは店舗にお問い合わせください。

IDÉE TOKYOでは、3月5日(金)より、漆師赤木明登氏と、版画家松林誠氏のコラボレーション展示会「赤木と松林と。」を開催します。
互いにアイディアを出し合い、赤木氏が漆を塗り、そこに松林氏が絵を描くことで作品が完成。
漆が持つ美しい表情に、自由で活き活きとした線画が加わり、これまでにない漆の世界を表現します。
日常の中で漆をもっと身近に愉しむものとして、新たな魅力を感じていただければと思います。お気に入りの一品を見つけに、お越しください。

  • 赤木と松林と01
  • 赤木と松林と02
赤木明登
漆師。1962年岡山県生まれ。中央大学文学部哲学科卒業後、編集者を経て、89年輪島塗下地職人・岡本進に弟子入り。94年独立。現代の暮らしに息づく生活漆器「ぬりもの」の世界を切り開く。主な著書『美しいもの』『美しいこと』『名前のない道』(新潮社)がある。

松林誠
版画家。1962年高知県生まれ。創形美術学校研究科版画課程修了。パリ国際芸術会館に一年間滞在し活動。 セブンデイズホテルプラス(高知)のアートワークをはじめ、ミナ・ペルホネン、ギャラリーフェブなど、日本各地で個展を開催している。

CLOSE