TAGAMI EXHIBITON(六本木、自由が丘、梅田、オンライン)2019.07.18

TAGAMI EXHIBITON 田上允克 作品展
期間:2019年8月2日(金)~9月2日(月)
場所:イデーショップ 六本木店自由が丘店梅田店イデーショップ オンライン

作家在店日:
2019年8月9日(金) イデーショップ 自由が丘店
2019年8月10日(土)イデーショップ 六本木店

イデーショップ 六本木店、自由が丘店、梅田店では、画家TAGAMI(田上允克)の展示会を開催します。

山口県小野田市にある閑静な日本家屋の自宅兼アトリエにて、健やかに描き続けてうまれた作品は、40年で4万枚にものぼります。タイトルもなく、テーマやスタイル、意図も持たず、説明や理解をことごとく省き、言語を超え自由闊達に表現したもの、それが田上さんの作品。作品の対象を聞いても「なんでしょうね。私にもわかりません。ただ、私の絵は見てその人が感じたもの、その人がそう見えたもの、それでいいのです」といつも答えます。

人知れず我が道を走り続けている田上さんの作品を1人でも多くの方へ伝えたい。そう思いながら作品展を開催しはじめ、2年ぶり3度目となる今回は、各店舗がそれぞれのテーマを基に、膨大な作品群から油絵、素描、版画などをセレクトし、300点ほどが並びます。

すべての事物の捉われから解き放たれ、健やかにのびのびとした不思議なエネルギーを感じさせる作品をぜひご堪能ください。

  • 六本木

    六本木店
    Mother Nature
    大地の鼓動、土や水の呻き

  • 自由が丘

    自由が丘店
    Lyrical Abstraction
    抒情的な抽象化

  • 梅田

    梅田店
    Subliminal Calm
    静かなる閃き

  • オンライン

    オンライン
    Little Creatures
    生命を感じる動物たち

TAGAMI / 田上允克(タガミ・マサカツ)プロフィール
画家。1944年山口県生まれ。大学で哲学を学んだ後、29歳で上京。偶然入ったアトリエで絵を描くことの楽しさに取り憑かれて以来、ほぼ独学で絵を学びグループ展にも公募展にもほぼ出品せず、思いの向くままただひたすらに絵を描き続け、40年以上1日平均3~7点ほどの作品を描き続け、生家にある納屋を作品で埋め尽くし続けている。

TAGAMI 特集ページ

CLOSE