NEWS Archive | Sep. 2018

モリソン小林「植物記」(六本木)2018.09.28

匂菫

イデーショップ 六本木店では、インテリアデザインと施工を請負いながら、金属板や倒木などを使って彫刻作品を制作するモリソン小林氏の個展を開催します。

IDÉE Life in Art
morison kobayashi exhibition 
"Flora of Tystnad"
モリソン小林 植物記
期間:2018年10月12日(金)~11月5日(月)
場所:イデーショップ 六本木店
作家在店日:10月12日(金)、13日(土)

オープニング・レセプション
10月12日(金)18:30~20:00
※レシピ開発や出張料理、フードスタイリングなどを行うshigeko氏によるSweets using plantをお愉しみいただけます。

【モリソン小林氏 インタビュー】
イデーの入社面接で「君はビートルズとストーンズ、どっちが好き?」
と訊かれて「僕はドアーズが好きです。」と答えたら、入社後渡された名刺に「モリソン小林」と書かれていた。

モリソン小林の「モリソン」は、もちろんドアーズのジム・モリソンから命名されたという。
5年間イデーに在籍し、その後独立。
「まだアートについて考える余裕はありませんし、言葉にする自信もありません。」
そんな謙虚で繊細なモリソン小林氏に、さまざまなお話を伺いました。


Q.  イデーに入社した当時、どのようなお仕事をされていましたか?

1995年、まだ青山の骨董通り沿いにお店があった頃、内装の施工会社から転職しました。
イデーでの仕事はおもにアパレルブランドの店舗デザイン設計です。

勤務していた世田谷の事務所は地下に鉄工、1階に木工のアトリエがあり、設計の仕事の合間にアトリエに入って、制作を手伝っていました。当時は一人一人が色々な仕事をこなしていて、夜中遅くまで作業をしていました。アトリエでは自分たちの将来のことや、ジャン・プルーヴェやロン・アラッドやトム・ディクソンといったデザイナーの話をしたり、マーク・ニューソンやカリム・ラシッドらの仕事に直接触れられたりしました。イデー全体が何かキラキラした雰囲気に包まれていて、毎日が楽しかったです。あの中で過ごせたことが、現在の礎になっています。

Q.  作品を制作するようになった経緯や、影響を受けた人・モノについて教えてください。

独立して10年は仕事が不安定で大変でしたが、仕事の中でアートワーク的な依頼が少しずつ入るようになり、空いた時間に作品制作をするようになっていました。
彫刻家の舟越保武さんの「巨岩と花びら」という本が好きで、本当は石像が彫りたかったのですが、木彫を彫りました。
金属植物の作品は、ずっとお付き合いがある中目黒のhikeさんから個展をしないかというお話しを受けたところから始まりました。
その後、simplicityの緒方慎一郎さんやminä perhonenの皆川明さん、インテリアやファッションといったデザイナーからのアートワークの依頼が入るようになり、作品制作が今までの仕事とリンクし始めて、現在に至っています。

Q. 作業工程はどういった流れで、ひとつの作品を制作するのにどのくらい時間がかかるのでしょうか。
 
木彫はひとつの作品が完成するまで向き合いますが、金属植物はイベントごとに出展する作品を、工程ごとにまとめて制作します。切り出しが全部終わってから丸棒の削り出しに取り掛かるといった具合です。額縁も全部制作しますので、作品ひとつの制作時間を計ったことはありませんが、今のところ約20点制作するとして、およそ5ヶ月を要しています。

Q. 音楽はどんなジャンルを聴きますか? ドアーズは今でも聴きますか?
 
ドアーズはたまに聴いていますが、atelier galleryによく来場される音楽家の方たちのCDをBGMに聴いています。内田輝さん、haruka nakamuraさん、上柿絵梨子さん、新村隆慶さんなどです。
最近はロックで、1番聴いているのはポール・ウェラーだと思います。



--
今回の展示では、作品の植物に、深山に入り洞察してモリソン氏自身が感じた物語をそっと添えて展示します。
足下に根付く小さな生命。その姿は何事にも代え難く美しい。
その小さな声に気づきそしてその声にそっと耳を傾け、静謐でありながら力強く表現した作品をどうぞご堪能ください。

丹沢山塊の端っこ、奥多摩にもほど近い低山の麓の林道を、雨が上がったばかりの朝、うっすらと霧がかかる中を歩いていくと、ラベンダーのような、どこか心の落ち着く芳香がほんのりと漂っていました。

それは、18世紀にスウェーデンの植物学者カール・フォン・リンネが、香りがするという意味のodorataをつけてViola odorataと命名した花、匂菫。
僕にとっては、登山と同じように心に安らぎを与えてくれる花のひとつです。
Viola odorata L.

-----special source  morison kobayashi

【プロフィール】
モリソン小林
1995年~1999年の間イデーに在籍し独立。インテリアデザインと施工に携わりながら、金属板や倒木などによる彫刻作品を制作。
http://specialsource.jp/

【基本情報】
IDÉE Life in Art
morison kobayashi exhibition 
"Flora of Tystnad"
モリソン小林 植物記
期間:2018年10月12日(金)~11月5日(月)
場所:イデーショップ 六本木店

作家在店日:10月12日(金)、13日(土)
オープニング・レセプション:10月12日(金)18:30~20:00

LAMP! LAMP! LAMP! 秋の夜長を愉しむランプフェア2018.09.25

イデーショップ各店では、さまざまなデザインのペンダントランプを取り揃えたフェアを10月5日(金)より開催します。
少しずつ涼しくなり、お部屋で過ごす時間が増えてくる季節。お部屋に照明を上手に取り入れて、秋の夜長をのんびり愉しんでみませんか。
シンプルで美しいデザインのランプから、お部屋にリズムをもたらしてくれるランプ、アート作品のような存在感でインテリアの主役にもなるランプまで、幅広いラインナップが揃っています。ランプをひとつ配するだけで日々の暮らしと心がちょっと豊かになるはずです。

LAMP! LAMP! LAMP!
秋の夜長を愉しむランプフェア

期間:2018年10月5日(金)~11月5日(月)
ペンダントランプ 特集を見る

BERG LAMP 限定カラー「Nordic Blue」登場
定番ペンダントランプの中でも人気の高いベルイ ランプに、限定色「ノルディック ブルー」が数量限定で登場します。
北欧の夜をイメージした落ち着いたトーンのブルーは、空間を静かに引き締めます。日が落ちて明かりを点けてみると、さらに深いブルーになり、日中とはまた違った雰囲気を楽しめます。

北欧の美しい自然からインスパイアされたランプ

悠々とそびえ立つ山々のように、伸びやかなフォルムを描くペンダントランプ。そのフォルムから、スウェーデン語で山という意味の「BERG LAMP(ベルイ ランプ)」と名付けました。アルミニウムの無機質で普遍的な力強さに、真鍮の美しい上品な輝きがアクセントになっています。素材感のある家具やヴィンテージ家具にあわせるのもおすすめです。

BERG LAMP Nordic Blue

BERG LAMP Nordic Blue
ベルイ ランプ ノルディック ブルー

価格:¥27,000(税込)
発売日:2018年10月5日(金)
販売数:50台
お取り扱い:イデーショップ直営店イデーショップ オンライン

BERG LAMP 特集を見る

World Textile Collection(日本橋)2018.09.21

イデーショップ 日本橋店では、世界各国の伝統的なテキスタイルを取り揃えたフェアを10月5日(金)より開催します。
トルコやイランのキリム・クッションカバー・カーペット・ギャベ、インドのラリーキルト、ウズベキスタンのスザンニなど、永く大切に愛されてきた世界の芸術をご堪能ください。暮らしに彩りと心地よさを加えるラグやクッションは、お部屋のインテリアを完成させる大切な要素です。生活を愉しみ、季節を愉しむテキスタイルを探しにぜひお越しください。

World Textile Collection
開催期間:2018年10月5日(金)~11月5日(月)
開催場所:イデーショップ 日本橋店

World Textile Collection 特集を見る
キリム特集を見る

MAKOO fair(梅田、渋谷)2018.09.13

イデーショップ 梅田店、イデーショップ ヴァリエテ 渋谷店では、リサイクルレザーを使用したプロダクトを展開するMAKOOのアイテムを集めたフェアを10月5日(金)より開催します。

本革の裁断破片などを集め粉砕したものを混ぜ合わせて再加工した環境に優しいレザーは、使い込むほどに味が出て、経年変化を楽しめます。デザイン性と機能性、そして遊び心を兼ね備えたMAKOOのプロダクトをこの機会にぜひご覧ください。

MAKOO fair
開催期間:2018年10月5日(金)~11月5日(月)
開催店舗:イデーショップ 梅田店イデーショップ ヴァリエテ 渋谷店

イイダ仐店 秋の傘展(自由が丘)2018.09.12

イデーショップ 自由が丘店では、布づくりから創造し一本一本丁寧に傘を手作りするイイダ仐店の展示会を開催します。
雨傘・日傘をはじめ、ハンカチやポーチ、バッグなど遊び心のあるオリジナルのテキスタイルで作られたグッズなどが並びます。さらに今回新しく制作した「こもれび」柄の雨傘(税込¥30,240)の先行販売や、デザイナーであるイイダヨシヒサ氏描きおろしの絵の展示販売も行います。
日々のお出掛けが楽しくなるお気に入りの一本を探しにぜひお越しください。

色々な紙に描かれたスケッチの原画

イイダヨシヒサ氏がテキスタイルのために描いた構想段階のイラストや日常のスケッチなど、原画約50点を販売します。額縁は古材や古ブリキに昔のガラスを合わせて作られた一点物。傘になっているあのモチーフもあるかもしれません。

イイダ仐店
傘作家イイダヨシヒサが主宰する個人オーダーの傘屋。
日傘・雨傘を生地から制作し、一本ずつ手作りする。
店舗は持たず、受注会で全国を巡回。
傘のほかにもテキスタイルデザインから発展させた布モノ紙モノも制作している。
また映画・舞台などの傘制作や異業種とのコラボレート、その他にも傘にまつわる活動を行う。

【基本情報】
イイダ仐店 秋の傘展
期間:2018年10月3日(水)~11月5日(月)
場所:イデーショップ 自由が丘店
傘店スタッフ在店日=10月3日(水)、7日(日)

展示会期間中は、イデーショップ オンラインでも商品をご覧いただけます。
オンライン取り扱いラインナップ

ルータ・インドラシューテ作陶展「物語る陶器」from LTshop(二子玉川)2018.09.12

イデーショップ 二子玉川店では、リトアニアで活動を行う陶芸家ルータ・インドラシューテの展示会を開催します。リトアニアの自然やそこに暮らす動物などをテーマに、リトアニアの赤土でつくられた器に描かれた美しいストーリーは、まるで絵本を見ているような気分になり、生活に彩りを添えてくれます。この機会にぜひお越しください。

Rūta Indrašiūtė ルータ・インドラシューテ
リトアニア、ヴィリニュス生まれ。現在は、自然豊かな南部のズーキヤ地方メルキネの森の中で住居兼工房を構え、制作を続けている。リトアニアの民芸のアーティスト連盟のメンバー。国内はもちろん、ポーランドやイタリア、スウェーデンなど各国での展覧会にも出展している。

LTshop
2013年外苑前にオープンした、リトアニアのクラフトとデザインを扱うセレクトショップ。日本各地で企画展やポップアップショップを手掛け、クラフトとデザインを通して、リトアニアのライフスタイルや文化を伝えている。

【基本情報】
Storyteller's Pottery by Rūta Indrašiūtė
ルータ・インドラシューテ作陶展「物語る陶器」from LTshop

期間:2018年10月5に日(金)~11月5日(月)
場所:イデーショップ 二子玉川店

リトアニアのクラフトとデザイン(柏)2018.09.12

イデーショップ ヴァリエテ 柏店では、リトアニアのクラフトやデザインを提案する"LTshop"と、Made in Lithuaniaの数々を紹介する展示会を開催します。
伝統的なモノづくりにこだわる手仕事から、新しい感覚を取り入れた遊び心溢れるアイテムまでを取りそろえます。
生活にしっくりと馴染み、使うほどに温かみを感じる品々をこの機会にぜひご覧ください。

LTshop
2013年外苑前にオープンした、リトアニアのクラフトとデザインを扱うセレクトショップ。日本各地で企画展やポップアップショップを手掛け、クラフトとデザインを通して、リトアニアのライフスタイルや文化を伝えている。

【基本情報】
Lithuania Diary by LTshop リトアニアのクラフトとデザイン
期間:2018年10月5に日(金)~11月5日(月)
場所:イデーショップ ヴァリエテ 柏店

山口一郎 新作展示会(梅田)2018.09.06

イデーショップ 梅田店では、画家 山口一郎氏の新作展示会を開催します。
ユニークで個性的、生命力とエネルギーに溢れ、山口氏自身の人柄と才能が自然と作品に溢れています。
動物を描いた独創的なスケッチ画や、色鮮やかで大胆な抽象画など、多岐にわたる作品はそれぞれが共通して「直感的」に心を動かされます。また氏の作品は部屋の空気を大きく変えながら、インテリアに馴染みやすく心地よい空間をつくります。この機会にぜひお越しいただき、山口一郎の世界を体験してください。

山口一郎

【プロフィール】
山口一郎
画家、香川県在住。セツ・モードセミナーを卒業後、イラストレーターとして雑誌広告の仕事を始める。現在は青山のDEE'S HALLなどで定期的に個展を開催し、また海外のギャラリーでも展示会を行う。

【展示会概要】
Ichiro Yamaguchi
山口一郎 新作展示会

会期:2018年9月27日(木)~10月29日(月)
場所:イデーショップ 梅田店
作家在店日:9月29日(土)13:00-20:00

※イデーショップ オンラインでは、山口一郎氏の一部作品を販売しています。
山口一郎 特集を見る

KNITOLOGY FAIR 美しく 心地よく 纏う(六本木)2018.09.06

" knit + logy " [ニットロジー = ニット学]
イデーショップ 六本木店では、その美しさと着心地の良さから着る人を虜にしてしまう「KNITOLOGY」のフェアを開催します。定番のベーシックなカラーに加え、秋らしい限定カラーのグリーン、ボルドーのワークコートの他、新作のパンツやカシミアガウン、マフラーをご用意しました。
毎日着たくなる、暮らしに寄り添うニットロジーの服に、ぜひ一度袖を通しにいらしてください。

  • ニットロジー

    ワークコート(限定カラー)

  • ニットロジー

    カシミアマフラー、ガウン

プロフィール
鬼久保綾子 デザイナー
イギリスの大学でニットについて学び、帰国後さらに布の"触感"をテーマにテキスタイルのセラピー効果を探る。2013年にワークコート1型からKNITOLOGYをスタート。美意識の高さと細部までのこだわりから、1日に仕上がるのは1着から2着。何年先も同じ製品を買ってもらえるようにというスタンスのもと、ニットの可能性を追究し続けています。

KNITOLOGY FAIR
期間:2018年9月28日(金)~10月29日(月)
場所:イデーショップ 六本木店
デザイナー在店日:10月21日(日)13:00~18:00


CLOSE