リサ・ラーソン フェア(丸の内店、柏店、梅田店)2018.06.29

丸の内にあるデリエ イデーを始めとしたイデーショップ3店舗では、世界中の人々から愛され続けている陶芸家 リサ・ラーソンの作品を集めたフェアを開催します。
一つ一つ表情が異なる動物の作品から通常はお取り扱いのない珍しいヴィンテージ作品まで、個性豊かな仲間たちを取り揃えました。特にリサ・ラーソンのグスタフスベリ社在籍時代(1954-1980)からフリーランス時代(1980-1992)のヴィンテージアイテムは、現在では制作されていないデザインも多く、その希少性と経年変化の魅力から大変人気があります。
スウェーデンから届いた温もりのある作品を、ぜひこの機会にご覧ください。


Lisa Larson Fair
リサ・ラーソン フェア

会期:2018年7月20日(金)~ 8月20日(月)
店舗:デリエ イデーイデーショップ ヴァリエテ 柏店イデーショップ 梅田店
協力:dieci

イデーショップ オンラインの取り扱いアイテムはこちらでご覧いただけます。
リサ・ラーソン ラインナップ


Lisa Larson
リサ・ラーソン

1931年、スウェーデン、ハールンダ生まれ。1954年、グスタフスベリ製陶工場に入社。26年間在籍し、"LILLA ZOO"などの名作シリーズを残す。独立後は、ドイツのローゼンタールをはじめ、ドゥーカ、コーエフなどに呼ばれ、フリーのデザイナーとして活躍。1979年、1981年には、東京の西武百貨店で個展を開催したことも。現在は、ケラミークストゥディオン社により作品の復刻が行われている。現在もナッカとスコーネのアトリエで作陶する。

※イデーが手掛けるwebマガジン「LIFECYCLING interview & photo」で、リサ・ラーソンのお宅に伺いインタビューしました。
インタビューを読む


【同時開催】
Scandinavian Summer House
Vintage Furniture & Objects
「暮らしをつくる、スカンジナヴィアンデザイン」

会期:2018年6月29日(金)~8月31日(金)
イデーショップ 自由が丘店アタッシェ ドゥ イデーを皮切りに、イデーショップ各店で順次開催。

買い付け日記のページでは、イデーのバイヤーたちがスウェーデンで行った買い付けの様子や、現地に暮らす人々の暮らしぶりをお届けしています。
スウェーデン買い付け日記

CLOSE