WONDER FULL LIFE EXHIBITION「IMPROVISING EARTH WORK -- 小さな旅の巡り--」開催のお知らせ2019.01.29

イデーショップ 六本木店では、2月15日(金)~3月18日(月)の期間、オオワキチカコが主宰する創作プロジェクト WONDER FULL LIFE の企画展「IMPROVISING EARTH WORK -- 小さな旅の巡り--」を開催します。 自然と呼応する現代のつくり手たちとの出会い、その作品と対峙したときに生まれた"特別な感覚"を、手に宿らせ、繋ぎ合わせることでオブジェやウォールハンギングを作り上げました。日本のつくり手たちとの小さな循環から生まれた「祈りのカタチ」をぜひご覧ください。

プロジェクト始動から3年。WONDER FULL LIFEは、さまざななつくり手との出会いを繰り返しながら、創作の力を紡ぎ出してきました。本展では、奄美大島の泥染、真鍮、陶器、土器のつくり手たちとの出会い、その作品と対峙したときに生まれた特別な感覚を、手に宿らせ、欠片を繋ぎ合わせることで、オブジェやウォールハンギングを作り上げました。 さらに、今回は音楽、写真、言葉を創り出すクリエイター達が加わり、IMPROVISATION(即興)による創作によって多角的な表現を試みます。
現代に生きるつくり手達が共鳴し、響きあうことで生まれる" 特別な感覚 "、そこから生み出されたものは、時や境界を超える新たな価値を生み出し、まるである一瞬が永遠につながっていくようにさえ感じられます。

wonder full life 02
news_wfl03.jpgnews_wfl04.jpg

WONDER FULL LIFEに関わる作家は、それぞれが住む土地の魅力や季節の移り変わりを肌で感じながら、 素直な姿勢で人と向かい合い、創作に専念する人々です。
その姿は、単に技に没頭するのではなく、素材と向き合い、暮らしのなかで使われる様を思い描きながら生まれる民藝や伝統工芸の静かで悠然とした態度にも似ています。
心に響くモノは、必ずその背景につくり手の純粋な思いがあり、それがまた別の人へと伝わることでさらなる輝きを放ちます。
古代より綴られる色を纏った泥染、鍛え形作られ優しく光る真鍮、豊かな土が呼吸する陶器や土器。自然と呼応する現代のつくり手たちとの出会い、その作品と対峙したときに生まれた特別な感覚を、大脇千加子は自らの手に宿らせ、繋ぎ合わせていく。
それぞれの思いを受け、型にとらわれず思うままに紡いでいくことで、光の音を奏ではじめる。異なるもの づくりが一つの"巣"に宿り、共鳴する様子は、ある一瞬がたゆたい、流転していく時の流れを感じさせます。

WONDER FULL LIFE
繋ぎ手=大脇千加子
染=金井志人/金井工芸(奄美大島)
真鍮=菊地流架/Lue (岡山)
陶器=城戸雄介/ONE KILN (鹿児島)
土器=横田安/横田窯(茨城)

音楽=OLAibi
​写真=中川正子
言葉=猪飼尚司

大脇千加子/WONDER FULL LIFE ・主宰
2005年、自身のブランド Kiticaを立ち上げ、出産を機にキッズブランドcokiticaもスタート。ブランドの活動休止後の2016年、新たな創作活動とし WONDER FULL LIFE を始動。染色、陶芸、真鍮、漆、織物、など様々な分野のつくり手たちと協働し、個展・グループ展での作品発表と企画制作に取り組む。

【基本情報】
WONDER FULL LIFE EXHIBITION
IMPROVISING EARTH WORK -- 小さな旅の巡り--

会期:2019年2月15日(金)~3月18日(月)
会場:イデーショップ 六本木店
レセプション:2月15日(金)18:30-20:30
作家在廊日:2月15日(金)、16 日(土)

Special Live
日時:2019年2月15日(金) 19:30~
会場:イデーショップ 六本木店 (入場無料)
物語の始まり、WONDER FULL LIFE の世界に音楽家OLAibiが旋律を奏でます。つくり手たちの創作に共鳴し、共に過ごした時間や場所から共有した感覚を音で表現します。

CLOSE