JOURNAL Archive | Mar. 2023

パリところどころ Villa Savoye2023.03.07

パリから郊外へ電車で30分ほどのポワシーという町に、ル・コルビュジエが設計した傑作、サヴォア邸はあります。1930年頃にピエール・サヴォア夫妻が別荘として依頼したモダンな一軒家です。20世紀の住宅の最高作品の一つと云われており、フランスの歴史的建造物にも指定されているそう。


sub01.jpg
sub02.jpg

ポワシーの駅を降り立ち、厳かな教会の横を通りながら緩やかな石畳の坂を登っていき鬱蒼とした雑木林を抜けると、程なくしてサヴォア邸が出現します。だだ広い芝の広場に悠然と立っているスクエアな白い建築物。ピロティを大胆に使うことにより、居住スペースが浮かんでいるような独特なデザインです。


sub03.jpg
sub04.jpg


室内の螺旋階段などは、コルビュジエらしい曲線を多用した美しいフォルムが、やわらかい印象を作っています。また、水平連続窓は光をたっぷりと採り入れ、室内空間を広々と明るいものにしています。二階から外庭を覗くと、ちょうど見学ツアー御一行様がこちらを見上げていました。


sub05.jpg
sub06.jpg

屋上には広々とした庭園があります。プライバシーが確保されており、のんびりと過ごしたくなるような贅沢な空間が広がっています。

sub07.jpg
sub09.jpg

郊外の町の、のんびりとした雰囲気も含めて、パリ市内とはまた違ったフランスらしい趣に浸ることができます。一度ならず二度三度と訪れたくなるようなこの場所は、自邸を建てるならぜひ参考にしたいと思わせるものがあります。morimo



CLOSE