NEWS Archive | Aug. 2017

リサ・ラーソン フェア2017.08.28

リサ・ラーソン フェアイデーショップ ヴァリエテ 柏店では、世界中の人々から愛され続けている陶芸家 リサ・ラーソンの作品を集めたフェアを開催します。一つひとつ表情が異なる動物の作品から通常はお取扱いのない珍しいヴィンテージ作品まで、個性豊かな仲間たちを取り揃えました。北欧スウェーデンから届いた温もりのある作品を、ぜひこの機会にご覧ください。

リサ・ラーソン

Who is LISA ?
世界でいちばん"かわいい"ことを考えているおばあさん
スウェーデンの陶芸学校を卒業後、Gustavsberg(グスタフスベル)社へ1954年に入社したリサ。 専属デザイナーとして活躍を続けていた約20年の間に、穏やかで人懐こい表情をしたオブジェをつくる、「かわいい」ことを考えてものづくりをする作風を確立しました。 スウェーデンを代表する陶芸家として知られるようになった現在も、都心から少し離れた森の中で、画家のご主人と暮らしながら創作を続けています。

リサ・ラーソン フェア
開催期間:2017年9月6日(水) ~ 10月2日(月)
開催場所:イデーショップ ヴァリエテ 柏店

リサ・ラーソン 特集はこちら

JOPSU RAMU展「LINTUPILLI 」2017.08.28

LINTUPILLIイデーショップ 梅田店では 9月8日(金)~10月10日(火)まで、フィンランドの女性アーティスト、ヨップス・ラムの個展「LINTUPILLI」を開催します。
ヨップス・ラムが描き下ろした「LINTU (bird)」シリーズは、鳥が集めてきた誰かの宝物の断片を描いたもの。そのストーリーの主人公である鳥が、時を経てオカリナとして日本に届きました。大阪での作品発表は彼女自身初。さらに会期中にライブドローイングをするため来日します。是非ともこの機会にご来場ください。


プロフィール
Jopsu Ramu(ヨップス・ラム) Finland
アーティスト、デザイナー。
MUSUTA Ltd.(ムスタ)のクリエイティブであり、ファウンダー。
映像演出、デザイン、アートディレクション、ブランドや広告代理店などのクリエイティブディレクションも手掛け、東京とヘルシンキを中心に活動している。

展示会概要
JOPSU RAMU「LINTUPILLI」
日時:2017年9月8日(金)~10月10日(火)
会場:イデーショップ 梅田店

来日スペシャルイベント
10月1日(日)14時より、ライブドローイングを開催。
フィンランドよりヨップス・ラムが本企画のために来日します。この貴重な機会をお見逃しなく!

共同企画・運営協力
Siloana Inc.

JOPSU RAMUの作品ラインナップ

IDÉE Life in Art #39 舞木和哉「Dear wood choppers around the world」2017.08.17

IDÉE Life in Art #39 舞木和哉「Dear wood choppers around the world」IDÉE Life in Art #39 の取り組みとして、舞木和哉氏の作品をご紹介します。氏は、毎日絵を描いています。山に行けば薪を割るように、日々の営みとして湧き出す表現には、さりげないメッセージが見え隠れしています。その描かれた世界に木佐美氏の言葉の数々が加わり、新たな視点が生まれます。
今回は舞木氏の新たな試みである、製版から刷りに至るまで全ての過程を自ら手掛けたシルクスクリーンの作品を初披露。確かに感じられる手仕事の痕跡と表情をお愉しみください。

IDÉE Life in Art とは

舞木和哉

舞木 和哉(もうぎ・かずや)Photo left
クリエイター。1976年香川県生まれ。
イラストを描いたり紙にまつわるデザインを日々制作中。

木佐美 有(きさみ・ゆう)Photo right
ライター。1980年東京生まれ。
分野を超えた表現や社会問題へのアプローチを探る。
現在はドキュメンタリー映画制作に取り組む


■展示会概要
IDÉE Life in Art #39
Kazuya Mougi with text by Yu Kisami
Dear wood choppers around the world
日程:2017年8月25日(金)~10月11日(水)
場所:無印良品 MUJI 新宿 Café & Meal MUJI 新宿
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-15-15 新宿ピカデリー B1F
営業時間:11:00~21:00(L.O. 20:30)

カフェスペースでの展示のため、ドリンク(またはフード)オーダーが必要です。
ゆっくりとした時間が流れる店内の壁に飾られた作品をぜひお楽しみください。

共同企画・運営協力
Siloana Inc.


作品ラインナップはこちら

伊勢丹新宿店にPOOL POP UP SHOP登場!2017.08.17

POOL POP UP SHOPイデーのプロジェクト「POOL」国内初のPOP UP SHOPを開催します。
「POOL」は生産される素材を無駄なく使いながらも、ものづくりの過程で発生するハギレや端材、販売できなくなった商品をためておき、さまざまな企業・クリエーターとつながりながら、新たな価値のある商品に再生させる取り組みです。minä perhonen の皆川明氏に監修をお願いし、アパレルからテーブルウェア、インテリア小物まで取り揃えました。今回はPOP UP SHOP限定アイテムもご用意しました。

POOL POP UP SHOP
会期:2017年9月6日(水)~12日(火)
会場:伊勢丹新宿店本館5階=センターパーク/ザ・ステージ#5


ドットシリーズ

<展開アイテム>
■伊勢丹限定スペシャルアイテム
POOL が展開する「いろいろの服」に、ドットのパッチワークを施した限定商品。丁寧にドット柄を刺繍し、一点一点風合いが異なります。各アイテム各色6点の数量限定販売。

  • ドットコート

    ドットコート
    ¥21,600(税込)
    カラー:ブルー/グレー/ベージュ/マスタード

  • ドットワンピース

    ドットワンピース
    ¥20,520(税込)
    カラー:ブルー/グレー/ベージュ/マスタード

  • ドットストール

    ドットストール
    ¥9,720(税込)
    カラー:ブルー/グレー/ライトブルー/ブラウン


■いろいろの服 2017-18AW

無印良品で生産するファブリックを無駄なく使い切るために生まれた「いろいろの服」。製品染めによる豊富なカラーヴァリエーションと天然素材の着心地の良さにこだわりました。日常の生活に寄り添う普段着を提案していきます。


いろいろの服

ゆったりしたAラインのリネン素材のワンピース。緩やかなシルエットでそのままさらりと着たり、ベルトや付属の紐でウエストマークしたりブラウジングしたり。雰囲気を変えていろいろ楽しめるシンプルなワンピースは、色違いで持っていると着回しの幅が一層広がります。
ワンピース
¥9,504(税込)

カラー:コーラルオレンジ/ライトブルー/レッド/ブラック/ネイビー/アイビーグリーン/ブラウン/サフランイエロー/ベージュ/ライトグレー


いろいろの服 2017-18AW ラインナップ


■ POOL としょうぶ学園 コラボレーション

鹿児島にある福祉施設「しょうぶ学園」のアーティストの作品をプリントした限定シリーズ。今年10月に自由が丘店、梅田店、渋谷店で開催予定の企画展で発売する商品を伊勢丹にて先行発売します。

  • POOLとしょうぶ学園 アトリエコート

    POOLとしょうぶ学園 アトリエコート
    ¥19,440(税込)

  • POOLとしょうぶ学園 ストール

    POOLとしょうぶ学園 ストール
    ¥7,560(税込)


■コロコロのもの
無印良品の白磁シリーズのB品に、ポール・コックス(パリ)、柚木沙弥郎(東京)、グイド・デ・ザン(ミラノ)という3名の世界的アーティストが描き下ろした図柄をプリントした「コロコロのもの 小皿」です。


コロコロのもの

小皿に描かれたブルーの図形は、「風」「夜」「旅、ハイキング」など自然や風景を表しています。

デザイン:Paul Cox(ポール・コックス)
1959年パリ生まれ。独学でアートを学ぶ。絵画制作をメインに幅広く活動するアーティスト。

コロコロのもの 小皿
5枚セット¥2,970(税込)


コロコロのもの ラインナップ


■ Everyday シリーズ
無印良品のベッドリネンの生産過程で生まれるハギレで作ったハンカチやポーチ。シーツに使われる肌馴染みのよい素材で、気持ちよく毎日お使いいただけます。それぞれに入っている刺繍は、シーズンごとに新しいモチーフが登場します。


Everyday シリーズ

「Daily Tool」をテーマに、身近な道具をモチーフにしたシリーズ。皆川氏の描き下ろしイラストが刺繡されています。

バリエーション:左上から時計回りに、ペンシル/シザーズ/フラワーベース/ドリッパー/グラスオブウォーター/オープナー/ウッドカトラリー

Everyday ハンカチーフ
各¥486(税込)


Everyday シリーズ ラインナップ

このほか、minä perhonenの洋服と無印良品のリビングアイテムの製造過程で出た余りの生地をシェードに使用した照明「マチマチの灯」、丸胴と呼ばれる筒型の編み地を生かした製品染めの「PIPE TOTE BAG」、レッドシダーのハンガーの端材をチップ状にして作った「インセンス サシェ」、シューズボックスなどを展開します。

ためてつなげるものづくり POOL

serial number fair2017.08.16

news_serialnum_201709.jpgデリエ イデーでは、ヘアアクセサリーブランド「serial number」のフェアを開催します。
"serial"とは、英語で「連続の」「ひと続きの」という意味。手に取ってくれた方とserial numberのアクセサリーが、共にひとつの物語を綴っていきますように、そんな願いを込めてすべての商品にserial numberが刻印されています。使い込むほどに深い輝きを増す真鍮やシルバー素材を中心に、シンプルでありながら丁寧な手仕事の温かみを感じられるヘアアクセサリーは、自然体ながらも、自身のこだわりを表現できる大人の女性のためのもの。ぜひお手に取ってご覧ください。

serial number fair
開催期間:2017年9月8日(金)~9月25日(月)
開催店舗:デリエ イデー
*デザイナー在店日 9月9日(土)、9月10日(日)、9月23日(土)、9月24日(日) (各日13:00-18:00) 

Profile
圭奈(KEINA)
大学在学中にダブルスクールで彫金学校へ通いジュエリー制作の知識と技術に触れる。
卒業後は京都のジュエリーブランド、甲府のジュエリーメーカーでの勤務経験を経て、2012年よりフリーのジュエリーデザイナーとなる。2014年11月より、デザインから制作までを手がけるヘアアクセサリーブランドを立ち上げ販売を開始。

林雅之写真展 "BLACK AND WHITE" BOTANICAL PHOTOGRAPHS2017.08.16

林雅之写真展 BLACK AND WHITEイデーショップ 六本木店では、写真家・林雅之氏の写真展 "BLACK AND WHITE" BOTANICAL PHOTOGRAPHSを開催します。
2015年の写真展"naked taniku"以来、イデーでの開催はおよそ2年ぶりとなる写真展。今回のモチーフになったものは、彼が近年ライフワークとして題材にしてきた"花"と"多肉植物"、そして新たに加わった"樹木"。すべてモノトーンで表現された作品からは、静かに、時に雄弁に語りかけてくるような植物たちの生命力を感じます。見る人に身近な世界の新しい一面を伝えてくれることでしょう。
会期初日の9月1日(金)18:30〜20:30にはオープニングレセプションも開催します。ぜひたくさんの皆様のご来店をお待ちしております。


ライフワークとして題材にしてきた"花"と"多肉植物"に、今回は、山地で自生している"樹木"を加え、すべて色彩の情報を持たないモノトーンで表現しました。すると、それぞれの植物が持つ花葉や葉脈、樹幹がより明確に際立ち、強く生きていくための姿勢が鮮明に浮かび上がります。私の植物写真の表現に新たな思考が生まれました。
林 雅之


Profile
林雅之(はやし・まさゆき)
写真家。東京都在住。東海大学教養学部在学中より写真を始め、Onshitsu(2009)、Spiral Garden(2010)、IDÉE SHOP Midtown(2013)、Bunka Fashion College(2015)、Aglaia intellectual and comfort(2017)などで写真展を行う。写真集としては、「mannequins」など。


"BLACK AND WHITE" BOTANICAL PHOTOGRAPHS
MASAYUKI HAYASHI EXHIBITION

開催期間:2017年9月1日(金)~11月5日(日)
開催場所:イデーショップ 六本木店
オープニングレセプション:2017年9月1日(金)18:30-20:30

協力:銀一株式会社/TAKT PROJECT Inc./櫻井事務所/株式会社オノウエ印刷

*会場の都合により、献花のお心遣いはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

【要予約】IDÉE GALLERY AND BOOKS「ヴィンテージ・ワイングラスで自然派ワインを愉しむ」2017.08.10

「ヴィンテージ・ワイングラスで自然派ワインを愉しむ」イデーショップ 自由が丘店の3階にスタートした新しいスペース「IDÉE GALLERY AND BOOKS」では、テーマにあわせて本やヴィンテージ、クラフトなどを紹介していきます。第1回目のテーマは「子どもは判ってくれない」と題して、粋な大人達/酒と煙草とエトセトラ/エロトス(性と死)/などに関する書籍と、古今東西のボトルやグラス、クラフト作家の酒器を蒐め、テーマに合わせたイベントを開催します。
今回は"JIYUGAOKA BAKESHOP"のディレクター浅本充さんがセレクトした数種の自然派ワインとそれに合うお料理を、レコードを聴きながら愉しむナイトイベント。ヨーロッパを中心に取り揃えたアンティークのワイングラスを選んでいただき、実際にそのグラスでワインを飲み、気に入ったグラスはそのまま購入も可能です。
100年以上前の手吹きのグラスは、一つ一つ形も異なり、気泡やゆらぎなど手仕事の魅力を感じます。さらにイベントに合わせて、浅本さんがこれまでに集めた数百個のヴィンテージの食器を販売するスペースも設けます。

日時:9月1日(金) 20:00~22:00 (19:45からご入場可)
会場:イデーショップ 自由が丘店 3階 "IDÉE GALLERY AND BOOKS"
参加費:3,000円(税込)ビオワイン2杯+軽食付き
定員:限定30名様
ご予約・お問合せ:イデーショップ 自由が丘店 (tel.03-5701-7555) または WEB予約フォーム

※椅子はご用意する予定ですが、半立食のイベントとなります。
※3杯目からはキャッシュオンにておかわりいただけます。
※定員を超えるお申込みがあった場合は、キャンセル待ちとさせていただきます。
※未成年の方のご参加はお断りしております。予めご了承ください。
ご予約はこちら

浅本 充(あさもと・まこと) プロフィール
「ブラスリーベルナール」「adding:blue」「レスプリミタニ」でのサーヴィスとソムリエ、マネージャーを10年間経験後、BROOKLYNに渡米。2009年株式会社ユニテを設立。同年に人気のカフェ「自由が丘ベイクショップ」をディレクション。2017年鹿児島に「CAFÉSHOP」オープン。コーヒーの造詣も深く、その楽しみ方のセンスには定評がある。コーヒーのみならずライフスタイルの提案と、新しいフードトレンドや、世界のオーガニック事情の知識も深い。現在は、様々な企業の飲食部門やライフスタイルのコンサルティングに参加。

あなたと旅するポルトガルワイン&フード2017.08.01

あなたと旅するポルトガルワイン&フード東京ミッドタウンGalleria3Fのイデーカフェ パルクにて、「ポルトガル食堂」主宰の馬田草織さんを講師に迎え、4月から毎月開催している、ポルトガルのワインと食のイベント「あなたと度するポルトガル ワイン&フード」。
8月は、ポルトガルの個性あふれる希少なワイン30種以上が一斉に集まるイベントを開催します。ポルトガルのヴィーニョ・ヴェルデや自然派、個性的な赤や白、エシュプマンテ、ポートやマデイラなど、ポルトガルらしいワインを中心に厳選してご用意。その場で全種類の試飲はもちろん、気に入ったものは即購入できます。ポルトガルの老舗陶器ブランド「ボルダロ・ピニェイロ」の器や、千葉県野田市「お日様リーフ」産直の新鮮ベビーリーフやハーブ類の販売も。
美味しくて楽しい、真夏の「ポルトガルワイン サマーフェス」です。

#05 "VERÁO! VERÁO!" ポルトガルワイン サマーフェス
日時:2017年8月19日(土)①12:00~14:00 ②15:00~17:00
会場:イデーカフェ パルク
定員:各回50名様
参加費:予約5,000円(税込)/当日5,500円(税込)
お問い合わせ:イデーショップ 六本木店 担当=釜田または福崎(tel.03-5413-3455)
ご予約はこちら


主催:ポルトガル食堂(馬田草織)、株式会社イデー
出店:木下インターナショナル株式会社、株式会社ファインズ、株式会社ヴォガ・ジャパン、株式会社都光酒販、ポルトガル・トレード株式会社、株式会社コージープラスインコーポレート、お日様リーフ、カステラノート(順不同)

CLOSE